contact

ニュース一覧

日本の食文化を世界に「QRトランスレーター」プレスリリース

「食と農」の分野で独自のソリューション開発を目指す株式会社協同宣伝(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:滝沢平)では、食のグローバル化に伴う多言語化ニーズに応えるためにQRコード(注1)を使った多言語化ツール「QRトランスレーター」(注2)のサービスを開始します。
「QRトランスレーター」は、株式会社PIJIN(東京都中央区/代表取締役 高岡 謙二)が開発した特許技術(注3)で、QRコードをスマートフォンやタブレットなどの携帯端末で読み取ると、簡単に読みたい言語で情報を得ることができます。
日本の「食」の生産、加工、流通、消費にはそれぞれに魅力的な日本の「文化」が宿っています。日本の「食」が、海外でも、訪日する外国人にも、ますます関心が高まる中、株会社協同宣伝では、これら食材、加工品、料理に息づく「文化」をグローバルな理解に繋げたいと考える生産者団体や流通業界、飲食業界のニーズに応えてゆくために「QRトランスレーター」の技術を活用した提案を進めてまいります。

詳細は以下プレスリリースを参照ください。

多言語対応「QRトランスレーター」プレスリリースはこちらから

 

 

 

注1.「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
注2.「QR Translator」は株式会社PIJINの登録商標です。【商標登録番号】第5588169号
注3.【日本国特許4918174号】【国際特許出願番号: PCT/JP2012/058854】