NEWS お知らせ

コラム/調査

コラム/調査

ムービージェニックで予測する2019年の流行フード

東京本社 コミュニケーションデザイン局 齊藤彩菜

[撮影協力]大阪支社 営業部 高津緑

 

 

2018年はtiktokの流行をはじめ、instagramのIGTV機能など、新たな動画サービスの誕生も多く、動画がより日常的に撮影・投稿されるようになった年でした。2018年の動画で流行した食べ物を振り返り、「ムービージェニック(動画映え)」のポイントと、2019年の流行フードを予測します。

 

 

2018年に流行した食べ物

まず、2018年に流行した食べ物を振り返りましょう。

 

チーズドック(ハットグ)

チーズドックは韓国発のホットスナックで、アメリカンドックのソーセージがチーズになっているような食べ物です。中に入っているチーズがこれでもかというほど伸びることから、非常に注目を集めました。SNSでは伸びるチーズの画像や動画がたくさん投稿され、「JC・JK流行語大賞2018」にノミネートされるほど流行しました。

 

 

水信玄餅

水信玄餅は、水晶玉のような見た目をした天然水と寒天で出来た和菓子です。和菓子屋発祥の水信玄餅は、その人気から類似商品が多数販売され、レシピ動画でも拡散されました。SNSの投稿は2018年末で2万件以上あり、その多くは水信玄餅をゆらゆら揺らした動画です。

 

 

 

 

 

2019年のムービージェニックは「擬態語フード」

2018年に流行した、チーズドックと水信玄餅。これらの投稿を分析すると、撮影者のコメントやハッシュタグに共通点がみられます。それは「擬態語」です。チーズドックには「とろ~り」、水信玄餅には「ぷるぷる」といった擬態語が、動画内の発言またはテキスト、ハッシュタグなどで多数見受けられました。

また、これらの食べ物は、撮影者が被写体を編集・加工したわけではなく、伸ばす、揺らすなどといった簡単な日常動作で、臨場感のある動画を撮影することができるという特徴があります。このような特徴をもつ食べ物を「擬態語フード」と名付け、2019年に流行する「擬態語フード」を予測していきます。

 

UFOフォンデュ

TVや雑誌などのメディアからも注目され始めている、韓国発のUFOフォンデュ。鍋の周りに並んでいる骨付チキンを、鍋の中のとろけるチーズに絡めて食べます。この絡めて食べるチーズを「とろ~り」と伸ばしている姿を動画におさめることができます。

 

ふわふわスフレチーズケーキ

揺らすとまるでプリンのように「ぷるんぷるん」とした動きを魅せる、ふわふわスフレチーズケーキ。昔ながらのチーズケーキ専門店のチーズケーキですが、チーズケーキを揺らした動画がきっかけとなり、いま海外からも人気を集めています。

 

 

 

エッグコーヒー

ベトナム発祥のエッグコーヒーは、コーヒーの上に、卵とコンデンスミルクで出来た泡状のカスタードがのっているのが特徴です。このたっぷりな泡状のカスタードとコーヒーをスプーンでかき混ぜながら、すくって食べます。スプーンでかき混ぜる時の「トロトロ」感が、コーヒーは「飲み物」というこれまでの概念を覆します。

 

 

普段の生活のなかで、私たちがさりげなく使っている擬態語。その擬態語は「ムービージェニック(動画映え)」のキーワードであり、SNSが流行を大きく左右する現代において欠かすことのできない視点といえるでしょう。改めて「擬態語」を意識し、ヒット商品の原石を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

NEWS最新ニュース一覧へ